賃貸物件における騒音の苦情

賃貸物件における騒音の苦情については、まず建物の床や壁などの構造などを確認する必要があります。

また、賃貸マンションの場合には、管理組合に相談することが大切です。

賃貸物件には様々な人が住みますが、音の感じ方には個人差があり、騒音の程度と質も違ってきます。

たとえば、木造の共同住宅では遮音性がよくないために、足音や騒音が気になって隣近所から苦情が出ることがあります。
マンションでは、じゅうたんの部屋をフローリングにリフォームしたりすると、音が漏れ、苦情につながることがあります。

これは、じゅうたんには吸音性があることから、あえて床スラブ厚を薄くしていたものを、フローリングに張り替えたことにより起こる問題です。騒音を防ぐには、建物の床や壁などの構造を確認することが大切です。
そのためには、賃貸人である家主にしっかりと詳しく調べてもらうことが一番です。
建物の構造上の瑕疵が原因であれば、家主に防音や消音の工事を求めることも可能になってきます。
音の苦情は、日常の生活騒音や振動などが原因になっていると考えられますが、音を出している居住者が建物を適切に使っていない、いわゆる「用法違反」に原因があるとすれば、借り主の保管義務違反となり、責任を問われます。

音の問題は複雑化することが多いので、隣近所の居住者から出た苦情に対しては、まず、当事者同士で話し合うことです。


また、家屋の管理者か管理業者に調整を依頼するのも、一つの解決方法となります。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1486681454
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/473771.html
http://top.tsite.jp/news/travel/o/22486294/

いろいろな緑区の土地情報を選びました。

最近気になったエコ住宅のことならこちらをご活用ください。

注文住宅の名古屋情報を選びました。

板橋区の一戸建て情報をまとめてチェックしよう。

埼玉の土地活用の最新情報をお伝えします。